皆さんはインプラント治療というのを聞いたことがありますか?歯が無い人に人工歯を付けるもので、海外でどんどん技術が躍進している治療方法です。インプラントにも種類がありますが、人によってはインプラント治療が行えない場合があります。今回はこのサイトでインプラント治療について紹介するので、自分に合っているかどうか確認してみましょう。

入れ歯のいま!素材や見た目が進化している

入れ歯というと、どのようなイメージを持つでしょうか。
多くの人は痛い・外れやすい・よく噛めない・見た目が不自然など、デメリットを挙げるという人が多いようです。
しかし、これらのイメージは昔のものです。
今の入れ歯は見た目も使用されている素材も進化しており、他の人にバレにくくしっかりと噛むことも出来ます。

入れ歯が目立つ理由として、金属のバネが使用されているということが挙げられます。
しかし、最近はこの金属のバネが使用されていないノンクラスプデンチャーというタイプの入れ歯があり、このタイプは金属のバネではなく、ピンク色の樹脂が入れ歯を支えるための装置として使用されています。
ノンクラスプデンチャーにはいくつかのメーカーがあり、一人ひとりの希望に合ったメーカーを選択することが出来る場合もあるため相談をしましょう。

ノンクラスプデンチャーの裏側にシリコンというゴムのような弾力のある素材を貼り付ける方法もあります。
シリコンには、吸着性がるため、これまでの入れ歯に比べて外れにくくフィット感があるというメリットがありますし、硬いものを噛んでも痛みを軽減させることが出来るという特徴があります。

最新の治療として、インプラントと入れ歯を組み合わせた治療があり、この方法ではインプラントオーバーデンチャーと呼ばれるもので、2~4本のインプラントを顎の骨に埋入し、その上から入れ歯を安定させるというものです。
大きな外科治療を必要としないことや自由に取り外しをすることが出来るため、メンテナンスが簡単というメリットがあります。

一般的な保険適用となる入れ歯は、床と呼ばれる部分がレジンと呼ばれるプラスチックで出来ています。
そのため、痛みが出たり外れやすいというデメリットがありました。
最新の進化した治療では、様々な素材を使用することによって、そのようなデメリットを解消することが出来るようになりました。
ただし、保険適用外となることも少なくはなく、治療費が高額となる傾向にありますので、あらかじめ歯科医師と相談をしながら、適している方法を選びようにしましょう。

食べ物をしっかりと噛むことは食べ物を美味しく食べるだけではなく、噛むことで得られる刺激は脳にも良い影響を与えることが知られています。
年齡を重ねるにつれて、歯を失うリスクは多くなりますが、様々な治療を選択することが出来ることで、歯を失う前のような噛み心地を再現させることが出来ることもあります。