皆さんはインプラント治療というのを聞いたことがありますか?歯が無い人に人工歯を付けるもので、海外でどんどん技術が躍進している治療方法です。インプラントにも種類がありますが、人によってはインプラント治療が行えない場合があります。今回はこのサイトでインプラント治療について紹介するので、自分に合っているかどうか確認してみましょう。

オールオン4というインプラントの方法

オールオン4は4本のインプラントで全ての歯を支える治療方法です。
手術をした日に仮歯をインプラントで固定できるので、手術をした当日から硬い物でなければ食事をしても問題ありません。
最初は違和感があるかもしれませんが、1ヶ月ぐらい経てば普通に食事ができます。
噛み心地は天然の歯に近いです。

食後の歯磨きには注意が必要です。
手術した部位以外の歯を磨くのは大切ですが、手術した部位に歯ブラシを当ててはいけません。
歯ブラシを当ててしまうと、傷の治りが遅くなる場合があります。
手術をしてから3日間ぐらいは傷口が刺激に弱いだけでなく、細菌に感染しやすいので気をつけないといけません。

オールオン4の手術は歯茎を切開しなくてもできます。
ですが、骨が少ない人は骨を作る骨造成をする必要があります。
この場合は、歯茎を切開しないといけません。
口の状態によって歯茎を切開するかどうかが決まるので医師に相談しましょう。

手術の時は伝達麻酔や浸潤麻酔が使われるので、痛みはほとんど感じません。
眠っている間に手術をする静脈内鎮静法もあります。
手術の後は腫れる場合がありますが、1週間くらいで治るので問題ありません。
オールオン4は骨のあるところにインプラントを埋めますので、舌のスペースが狭くなってしまいうまく発音できない場合があります。
ですが、時間が経てば慣れてきて普通に話せるようになるので心配ありません。

高齢の人でもオールオン4の治療はできますが、高血圧や糖尿病、骨粗しょう症などの人は手術ができない場合があるので注意が必要です。
高齢の人でなくても高血圧などの人は医師に相談しないといけません。

オールオン4はたくさん歯を失ってしまった人に向いている治療方法ですので、歯がたくさん残っている人には向いていません。
しかし、歯がたくさん残っていた場合でも、歯がグラグラしていて抜けそうな場合や咀嚼が十分にできない場合は歯を抜歯してオールオン4の治療をすることもあります。
咀嚼が十分にできない状態を維持するよりも歯を抜歯してオールオン4の治療をしたほうがいい場合があります。

治療費は保険外になるので歯科医院によって違うのでいろいろ比較したほうがいいです。
医師の技術やインプラントの種類によって治療費は変わるので、後でトラブルにならないようにしっかり説明を聞きましょう。
治療費の相場は大体200万円から500万円です。

費用は高いですが、メリットがたくさんあります。
インプラントで固定するので入れ歯と違って取り外す必要がないので便利です。
入れ歯のような違和感を感じることはないでしょう。
ほとんどの場合、歯茎を切開しなくてもできますし神経を損傷しません。
手術した日から食べ物を食べられるというのは大きなメリットでしょう。